愛徳学園中学校・高等学校

新しい大学入試に完全対応
6年前よりICT・アクティブ・ラーニング型授業を実践

多様化し複雑化する今の社会だからこそ、私たちはキリスト教を中心とした「全人教育」の実践を通して、生徒一人ひとりの「希望する進路」を実現していきたいと思います。

人間は様々な素晴らしい力を秘めています。その良いところを耕すために、本校では「女子教育」と「少人数制」をこれまで大切にしてまいりました。女性だからこその特性を最大限に生かし、一人ひとりのあふれる力を開花させたいと願っています。また、充実した毎日を送り、自分は大切にされているという実感を持つことで、やがては他の命を愛し育むことにもつながっていくはずです。それが、「自ら考え、人に奉仕し、充実した人生を歩む女性に育てたい」という“教育ビジョン”に込めた私たちの思いです。この思いは個人にとどまらず、社会をより豊かにしていく大きな力になると私たちは確信しています。

そこで本校では、新しい大学入試への対応としてだけでなく、10年後・20年後の将来に向けた本校独自のライフキャリア教育「Rainbow Program」を実践しています。 また、「希望する進路」を実現するために、教学マネジメントシステム「5BOX」を活用し、生徒一人ひとりの個性に合わせた学習面での指導を充実させています。

その他、タブレットを使用したICT教育や協働学習(アクティブラーニング)、さらには新しい「グローバル教育」にも力を入れています。

少人数制の“小さな”規模の学園ですが、生徒一人ひとりの豊かな可能性と、60年以上に亘る伝統を受け継ぐ中で育まれた“大きな“思いにあふれた学校です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です