村野工業高等学校

2020年11月で創立100周年を迎える
兵庫県内私学唯一の工業高校です。

機械科・電気科・情報技術科・機械電子科・普通科の5科で1500名の男子生徒が、勉強に部活に頑張っています。

さて、平成31年度入試から、普通科はコース制を導入します。勉強も部活も頑張って進学をめざし、ネイティブな英語を学び、グローバル社会で活躍する人材を育てる『総合アドバンスコース』。就職をめざし、検定や資格取得、公務員受験を支援する『キャリアアップコース』の2コースになります。

本校の特色は、今までの自分と向き合い、目標実現のために自分を大きく変えてくれる授業の「7つの習慣J」。放課後に行う自立学習応援システムe-learning「すらら」では、一人一台コンピュータと向き合い、自分の学習進度で国語・数学・英語の勉強ができます。

そして、実業学校である本校の最大の特色は、『技術と資格の村工』として、生徒が各種の検定資格を取得できるサポート体制が整っていることです。合格に向け熱心に指導を行い、その結果、卒業までにほとんどの生徒が資格を取得し、中には難関の国家試験に合格する生徒もいます。

進路状況は、就職が7割。就職内定率は100%。今年の求人倍率は昨年以上の約5倍になります。一方、進学は3割。近畿圏を中心とした大学に合格しています。

2018-9掲載

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

神戸星城高等学校