神戸国際中学校・高等学校

グローバル社会で活躍する女性を育成する

神戸国際中学校・高等学校は、1クラス約20名、制服もチャイムもない自由でのびのびした環境のなか、グローバル社会で活躍する女性を育成する女子進学校です。

語学力やグローバルマインドの育成のために、ネイティブスピーカーとのチームティーチングの充実や、ニュージーランドやイギリス、カナダ、フランス等への海外研修、韓国、台湾などのアジア諸国との身近な国際交流、世界を舞台に活躍する女性を招いての「グローバル講演会」等、さまざまなプログラムを展開しています。

また、グローバル社会で活躍するために不可欠な自己表現力育成のため、プレゼンテーションやスピーチに力を入れ、近年ではアクティブラーニングの研究にも力を入れています。卒業生の進路は幅広く、国立大医学部から芸術系学部まで、それぞれの個性を活かしたものとなっています。

理数系への進学者も約4割となっており、高い語学力を基礎に、専門性を高める教育を実践しています。2016年度から入試制度を改革し、高校募集のスタート(全日制国際文化科15名)とともに、中学入試でも1教科入試や午後入試、英語入試(英検4級程度)を導入しています。

2016-10掲載

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

神戸野田高等学校